情報共有にピッタリのワークフロー【業務を支えるマル秘システム】

状況がすぐわかる

街

社内において今までであれば口頭やメールで逐一やりとりをしていたことが、社内SNSやグループウェアを導入することによって実にスムーズに話が伝わって進行していくことになります。従業員各自のスケジュールもマウスひとつで設定公開が可能となり、関係者が全員パッと見て状況を理解することが可能になるでしょう。また、これまでであればメールでやりとりしていた内容が一つのスレッドとして掲示されるようになりますので、話の流れも見えやすく、さらにはメールを返信する手間をカットすることが可能となります。全員が同じ情報をちゃんと共有できて、さらに議題にはスムーズに入ってくることができる事から社内の風通しが良くなることが期待できることは間違いありません。また、そこから発展して従業員同士のコミュニケーションが円滑になるという結果も期待できるでしょう。それと同時にそれによってノウハウの共有であったり、人的リソースの共有であったり様々な分野において業務が高速になったりわかりやすくなったりすることも期待できます。しかも、社内掲示板などでしか確認できなかった従業員の予定がモバイル端末からも確認できるようになりますから、プロジェクトのメンバー間で今誰がどういう状況にあるのかということも容易に共有できます。それによって重要な引き継ぎ事項なども見落としません。スケジュールの変更もリアルタイムに確認できますから、便利なうえに確実な連携が取れるのです。